30代は白髪の要注意年代。これ以上増やしたくない!どうする?


白髪が多くなってきたと実感する年代として最も多いのが、30代後半ごろといわれています。それまで全くご自分の白髪に心当たりがなく、黒髪自慢だった人もこの年代のころに、ある日突然白髪を見つけて「うそでしょ…?」と思ってしまった経験があるのではないでしょうか。
この記事では、一般的に白髪が生え始める時期といわれる30代の白髪対策や予防についてご紹介します。「30代だけど、私には白髪なんてまだまだ!」と思っている人も、そろそろ念のため予防を始めてみるとよい時期かもしれませんね。

なぜ、30代で白髪が目立ち始めるの?

日本人の白髪が生え始める時期は、平均すると35歳前後といわれています。30代といえば昔から働き盛りと呼ばれ、男性なら仕事でのポジションの変化などが多い時期ですし、女性なら結婚・出産のあと長きにわたる育児を経験する時期でもあります。つまり30代は、多種多様なストレスや多忙な生活習慣が避けられない年代ともいえるでしょう。

加えて、特に働く女性の場合は30代になると貧血や低血圧などに悩まされがちになります。それらが引き起こす慢性的な血行不良が毛根部分の細胞のはたらきにも影響を与え、本来ならもう少し後に生え始めてもよいはずの白髪が、早いうちからチラホラ目立ってしまうようになる可能性もあるでしょう。

「最近疲れやすくなった」「忙しすぎて疲れが取れない」「毎日のストレスを実感している」「食生活が不規則なのはわかっていても、なかなか直せない」などのお悩みも増える30代。ひょっとすると、ズルズルと続けてしまっているそれらの習慣が、白髪の発生を早めているかもしれません。

少量の白髪なら、上手く隠してなんとか乗り切る

生えてしまった白髪を魔法で元の黒髪に戻すことはできませんから、くよくよせずに今ある白髪をどうするか考えてみましょう。あまり気にして落ち込むと余計にストレスが多くなり、さらに白髪を増やす悪循環になってしまうかもしれません。

30代から生えてくる白髪は、主に生え際の部分から数本目立ち始めるなどのケースがとても多いとされています。生え際は人の目にも入りやすい箇所のため、鏡を見ればその都度気にしがちになりますし、人と会ったときも「私の白髪に気づかれていないかな…」と、不安になってしまうものです。

しかも良くないことに、生え際の髪の毛は他の箇所より伸びるのが速いといわれています。白髪染めをしたとしても、月に1度のペースでも追いつかないかもしれませんし、あまり短期間に何度も染めれば髪や地肌も傷めてしまいます。まだ生え際が気になる程度で、全体的に白髪の量が増えているわけではないなら、生え際部分を上手に隠す方法から試してみるのがおすすめです。

1.前髪を作る

もし、これまで前髪を伸ばしておでこを出す髪型をしていたなら、きちんと前髪を作るだけでも生え際の白髪は目立ちにくくなります。前髪のある髪型はその人自身を若々しく見せる効果もあるため、簡単ながら一挙両得な対策でしょう。

2.分け目をはっきりと作らない

髪の分け目を一直線に作っていたり、つむじをはっきり見せるヘアスタイルにしていたりするなら、それらの部分をぼんやりと隠すスタイリングに変えると効果的です。分け目やつむじは生え始めの白髪もはっきり見えやすくなりますから、分け目をジグザグ気味に作ったり、つむじを見せないように周りの髪を寄せて軽く盛ったりするだけでも違いが出るはずです。

3.市販の「白髪かくし」で、その都度部分的にカバーする

生え際部分の白髪をカバーしたいという多くのニーズに応え、特に生え際の白髪に用途を絞った一時染毛料が多く出回っています。ちなみに「一時染毛料」とは、髪に色を付けたいときだけ着色し、シャンプーなどで洗い流せば落とせる毛髪着色料を指します。
マスカラタイプやコンパクトタイプ、筆ペン状など持ち歩きにも便利な形状が特長で、外出先などでも生え際が気になったときにすぐカバーできるメリットもあります。普段白髪染めをしている人が、髪や地肌のダメージを最小限に抑えるため染めるサイクルを伸ばしたいときにも、良い方法でしょう。

・どんどん白髪が増えてしまうなら、おだやかに染める方法を!

同じ30代でも、遺伝的要素や体質などで白髪が生え始める時期や量は異なります。もし、30代のうちから全体的に多くの白髪が気になっているなら、思い切って白髪を染める方法も検討してみましょう。

しかし、40代や50代ならいざ知らず、まだ30代で毎日顔を合わせる人から「白髪染めしましたか?」と声を掛けられるような事態はできれば避けたいでしょう。30代からの白髪には、全体の髪色をべったりと変えてしまわない「カラートリートメント」がおすすめです。

カラートリートメントはシャンプー後のリンスやトリートメントのように使え、徐々に自然に白髪を染められるので、使い方も手軽で髪や地肌への負担もありません。白髪染めなのに髪を傷めるどころか、ダメージを補修するトリートメント効果もある点は嬉しいポイントです。

人の目や髪の傷みが気になって白髪染めを始められなかった30代さんも、カラートリートメントなら気軽に挑戦できるはず。日々の習慣として続けられますから、知らず知らずに白髪に気づかれない髪色を実現できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする