image110_192x

白髪を防げる食べ物はあるの?白髪予防に効果的な食生活を知りたい!

カテゴリー 白髪の予防 投稿日:

白髪は、毎日の食生活とも密接に関係があるといわれています。アレを食べれば白髪が防げる、若白髪の予防にはコレを食べると良い…など、家族や友達からそのような勧めをされた経験がある人もいるでしょう。
栄養不足も白髪の原因のひとつとされていますから、食べ物で白髪が防げるという話にも真実味がありそうに感じますね。この記事では、白髪を食べ物で防止できるかどうかや、特に白髪対策に良いとされる食べ物について取りあげていきましょう。

「白髪に効く」「白髪を治す」特別な食べ物はないけれど…

率直に結論を言ってしまいますが、白髪の特効薬がないことと同様に「食べれば白髪が黒くなる」「食べることで白髪をなくす」という食べ物は存在しません。

ただ、白髪が生えることは頭皮の健康状態と密接に関係があります。頭皮の不調が白髪の原因になることには科学的・医学的な根拠があるため、頭皮を健康に保つ作用があると考えられている栄養素を積極的に摂ることで、間接的に白髪の改善につなげられる可能性はゼロではないといえます。

白髪を減らすことは難しくても、これ以上白髪が増えてしまわないための食生活による予防・対策は考えておくにこしたことはないでしょう。

健康な髪や頭皮に大切な栄養素を知る

まず、白髪予防と育毛の考え方は、ほぼ共通しています。髪の黒さと髪の健康は、いずれも頭皮の状態によって左右されるからです。したがって「白髪予防に良いとされる栄養素」「抜け毛予防に良いとされる栄養素」は、同じである場合も多いのです。

それでは、頭皮の健康維持に効果的といわれる栄養素について、以下でご説明します。

1.たんぱく質

毛髪を構成する成分のほとんどは「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質です。つまり極端に言うと、たんぱく質をきちんと摂らなければ髪の毛は生えてこないということになります。たんぱく質の摂取が不足すれば、体内のたんぱく質を髪の毛以外の生命維持に必要な臓器や器官に優先的に供給することになり、髪の毛の分は後回しにされてしまうためです。白髪の問題以前に、健康な髪の毛を生やすためにもたんぱく質はしっかり摂りましょう。

また、たんぱく質中のアミノ酸成分の中でも「チロシン」と呼ばれる物質は、メラニン色素の原料になるとされています。

2.ビタミン類や亜鉛・銅・鉄分などのミネラル類

たんぱく質をしっかり摂っても、それをしっかり吸収して体内でアミノ酸に分解しなければ髪の毛を作ることができません。このアミノ酸代謝に必要な物質が、ご存じビタミンミネラルです。細胞を活発にはたらかせる作用もあり、髪の成長を促す大切な要素も持っています。日頃の食生活で、ビタミン・ミネラルも不足しないよう気を配りましょう。ミネラル類の中でも、特に亜鉛健康な髪の成長に不可欠といわれています。

3.ヨード(ヨウ素)

ワカメや昆布などの海藻類に豊富に含まれることが知られるヨード。栄養素に別段詳しくなくても、「ヨードは髪に良い」と知っている人も多いでしょう。ヨードがなぜ髪に良いかというと、細胞の成長を促進したり、代謝を活性化させたりする作用を持っているためです。その作用が、毛根でのメラニン色素の生成にも役立つとされています。

ヨードは摂れば摂るほど良いというわけではなく、過剰摂取すると甲状腺などの疾患を招く可能性もありますから、摂りすぎには気をつけるようにしましょう。

食べ物での白髪対策には、和食がおすすめ!

白髪を防げるという特別な食べ物はありませんが、食生活の中で髪を健やかに保つ栄養素を摂るように心掛けることは、決して無駄にはなりません。ひいては身体の健康そのものにもつながる大事な栄養素ばかりですから、バランスよく摂るようにしましょう。

白髪予防におすすめしたいのは、和食中心の食生活です。和食に欠かせない、大豆を原料とする納豆や豆腐には良質なたんぱく質が豊富で、メラニンの原料となるチロシンも多く含まれます。お味噌汁や酢の物で摂りやすいワカメにはヨードと亜鉛がバランスよく含まれていますし、イカやエビなどの魚介類にはたんぱく質をはじめ、も豊富に含まれます。また海苔や貝類には、栄養素を頭皮に十分行きわたらせる血液に欠かせない鉄分が多く含まれます。

白髪によくない食べ物ってあるの?

白髪をなくす食べ物がないことと同様に「白髪を増やす食べ物」も、基本的にはありません。ただし、摂りすぎると頭皮の健康を損なう可能性がある食物はいくつかあります。

まずは、甘いもの炭水化物です。摂りすぎると血流や成長ホルモンの分泌に悪影響があるといわれますから、食べるなら適量にとどめましょう。

もうひとつは、紅茶類コーヒーなどです。白髪を増やすといわれる過酸化水素が微量に含まれる可能性がありますから、あまり神経質になる必要はありませんが飲みすぎは控えましょう。


白髪の予防の最新記事