種類

ドラッグストアやamazonで買える!白髪染めシャンプー・トリートメントおすすめランキング!

image@2x-7-768x448

image@2x-7-768x448
白髪のある女性の2/3は、何らかの方法で白髪染めをしています。
美容院で行う方もいれば、市販の物を購入して自身で染めるという場合もあるでしょう。
そんな中、ここ最近話題を集めているのが「白髪染めシャンプー」です。
シャンプーするだけで髪の毛が染まってしまうというのは一体どのような仕組みで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

シャンプーで白髪染めできる!?その効果とは?

白髪染めと言えば、経験のある方であれば、「2種類の薬剤を混ぜて髪の毛に塗布していく」という様子を思い描くでしょう。
最近では使いやすさの点で泡タイプの白髪染めも人気があり、CMなどもよく放送されています。

そんな中で、「シャンプーをするだけで白髪が染まる」白髪染めシャンプーという商品が販売されているのですが、ご存知でしたか?

洗浄と染毛を同時に行うという、なんとも不思議な作用ですが、実際に白髪が染まる効果はありますし、商品によっては汚れの落ち方を売りにするほど洗浄力の高い物もあります。

通常の薬剤を使用した白髪染めを行うには、美容院に足を運べば半日がかりになりますし、家で行うにしても準備から終了までトータルで30~60分程度の時間がかかります。
しかし、シャンプーであれば白髪染めに関係なく基本的に毎日行う物ですので、実質的に白髪染めにかかる時間は0ということになります。
これは仕事や家事、子育てなどで忙しい方には非常に嬉しいですよね。

ただし、1回のシャンプーですぐに染まるというわけではなく、毎日シャンプーを続けることで少しずつ染まっていくというイメージの白髪染めになりますので、継続が前提になります。

白髪染めシャンプーと、一般的なヘアカラーの違い

・髪を染めるメカニズム

一般的なヘアカラーや白髪染めと、白髪染めシャンプーは一体何が違うのでしょうか。

美容院でのヘアカラーや、市販されているヘアカラー(白髪染め含む)は、「ブリーチと染毛を同時に行う」という形のカラーリングです。
つまりブリーチによって色を抜き、その色の抜けた部分に染料を染み込ませて色付けするというメカニズムです。しかし白髪染めシャンプーはそうではありません。
まず、シャンプーですので、頭皮や髪の毛の洗浄作用があります。その代わり、ブリーチはせずに、表面だけのカラーリングという形になります。色付けの方法だけで見ればヘアマニキュアに近いかもしれません。

・白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーを使用する事によって得られるメリットは大きく分けて3種類です。

メリット1.髪の毛や頭皮に優しい

一般的な白髪染めに比べて、薬品としての成分が弱いため、髪の毛や頭皮へのダメージが少なく済みます。

ブリーチしないということや、髪の表面しか染めずに、内部までは浸透させないという特性があるため薬品としての成分が弱くて済むのです。それに、シャンプーが髪の毛にダメージを与えるようではいけませんよね。

メリット2.白髪染めに時間を取らなくていい

毎日の習慣と化している「シャンプー」という行為の中に白髪染めの作用が入るだけなので、特に白髪染めのために時間を作る必要がありません。
忙しい方にはおすすめの白髪染めの方法といえます。

メリット3.白髪染めがまわりにバレにくい

白髪染めシャンプーは何日間も時間をかけて徐々に染まるという特性があるため、白髪染めを始めた時に一気に印象が変わるということがありません。
周囲の人に自分が白髪染めをしているということがバレたくない場合は白髪染めシャンプーがオススメです。

メリット4.髪の毛の根元が白くならない

通常の白髪染めでは、染めた後1カ月もすれば新しい髪の毛が生えてきて生え際の白髪が目立ってしまうという問題がありました。
その点、白髪染めシャンプーの場合は毎日行いますので、髪の毛の根元の新しく生えてきた部分も日々染め上げていくことができます。

メリット5.失敗するということがない

自宅で行う白髪染めは、慣れていないと色ムラが出たり、逆にあまりうまく染まらなかったりといった「失敗」が付き物です。
しかし、白髪染めシャンプーであれば毎日少しずつ染めていきますので、自然な仕上がりになるため、失敗ということがありません。

このようにメリットの多い白髪染めシャンプーですが、反面デメリットもあります。

デメリット1.即効性がない

メリットの項目で「徐々に染まるのでまわりにバレにくい」と書きましたが、これは逆に言えば「すぐ染めたい」人には向いていないということです。
例えば「翌日の何らかのイベントに備えて白髪染めをしておきたい」というケースであれば、白髪染めシャンプーを使用するよりも、一般的なクリームタイプや泡タイプの白髪染めを使用するのが良いでしょう。

デメリット2.価格が高い

普通の洗浄するだけのシャンプーに比べて、白髪染めシャンプーは価格が非常に高いです。しかも、その多くはシャンプー単品ではなくトリートメントやコンディショナーなどの別商品とセットでの使用を推奨していますので、シャンプーだけの価格を見てマネープランを立てていると、思わぬ出費が増えることもあります。

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違い

毎日のシャンプーやトリートメントの成分に染毛の白髪染め効果を配合した物を、大きなくくりで「白髪染めシャンプー」と呼んでいますが、これらは厳密には「白髪染めシャンプー」と「白髪染めトリートメント」に分けられます。

同じ白髪染めシャンプーのブランドでもシャンプーとトリートメントを両方販売している場合が多く、どちらを使うか、また両方使うか悩むところです。
そこで、「白髪染めシャンプー」と「白髪染めトリートメント」の違いについて解説したいと思います。

「白髪染めシャンプー」は1回ごとの使用時間が短いです。そのため1度の使用では目に見える変化というのは起こりにくいです。

「白髪染めトリートメント」はシャンプー後のトリートメントの代わりに使用します。
この場合はトリートメントをつけたまま数分~数十分放置するという工程が加わります。
そのため、手間がかかる分、1度の使用でもシャンプーに比べると染まりやすいです。

※白髪染めトリートメントの放置の時間は、商品によって差があります。
また使用するタイミングが「シャンプー前」という場合もありますので、必ず確認してください。

意外と知らない?白髪染めシャンプーの正しい使い方

白髪染めシャンプーは、その効果が出やすくなる正しい使用方法があります。

と言っても、シャンプーですので、皆さんが普段使用されている方法で基本的には問題ありません。注意して欲しいのは2点だけです。

1つ目は、シャンプー前にしっかりと髪の毛をブラッシングするということです。

ブラッシングによって、髪の毛や頭皮に付いた余計な汚れが落とされ、洗浄成分や染色成分が髪の毛の隅々まで届きやすくなります。

2つ目は、生え際やつむじなどの、白髪が目立つ所や染まりにくいところに最初にシャンプー剤をつけるということです。

これをするだけで白髪が目立ちにくくなり、見た目も若々しくなります。

男性の白髪染めもできる、メンズ用白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは様々な商品がありますが、ほとんどが女性用か、男女兼用です。白髪の仕組みも染色の仕組みも男女で違いはないため、当然と言えば当然かもしれません。また、男性にとっては「白髪染め」という行為自体があまり浸透していないため、白髪染めシャンプーという存在もほとんど認識されていないという状態も男性専用の白髪染めシャンプーがほとんど販売されていない原因かもしれません。

このような状態の中、男性用の白髪染めトリートメントとして販売されているのが、スカルプDを開発した「アンファー」が販売している「スカルプDヘアカラーコンディショナー」です。
スカルプケアの専門家が開発しているだけあり、髪や頭皮には非常に優しく作られています。
また、染色力も強めで、太い髪の毛でも染まりやすく作られています。

価格もそこまで高い物ではありませんので、男性で白髪染めシャンプーやコンディショナーに興味があれば選んでみてはいかがでしょうか。

白髪染めシャンプー・トリートメントの口コミ【amazon、2ch、ブログなど】

実際に白髪染めシャンプー・トリートメントを使用した人の口コミをご紹介します。

10日間使用したら、髪の分け目の根元の白髪も全然目立たなくなりました(*^▽^*)
シャンプーの単品使いですが、ツヤも出てきてボリュームもアップしましたよ。
天然利尻昆布エキスの効果なのでしょうか?とにかくフワサラの髪になりました。
使い続けると髪色も定着してきたみたいです。
http://xn--ebk6el2krbv6i3c1085bdxyb2y7afmzg.xyz/

初めてこの手の物を使ってみました。60歳で白髪は少ないのですが、もみあげや生え際が少し目立つようになってきたので、違和感のない程度に部分的に使うことを目的にしています。短時間の染時間にして、2週間程度サイクルで使用していますが、かみさん評価は良いですよ。
https://www.amazon.co.jp/review/RPHEMYC3LLKCX/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=B00PTLOE16&channel=detail-glance&nodeID=160384011&store=hpc

自然な染め上がりで、数年以上愛用しています。行きつけの散髪屋さんでも髪の毛の痛みがなく、若々しいと誉めてもらいました。
レビューで手が黒くなるということですが、私は、旅行用の小さなヘアブラシにつけて、髪の毛にのばして染めています。手が黒くなることがありません。
https://www.amazon.co.jp/review/RYBSHBIAQ1V45/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=B000FQN772&channel=detail-glance&nodeID=160384011&store=hpc

・シャンプー後も少しずつ色落ちする。汗かいた後、ブラウスに色移りしたのが落ちない
・臭いは気にならない。頭皮への刺激も感じなかった
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1431519046/

シャンプーでの白髪染めの特徴である「染まるまで日数がかかる」という部分をどのように受け取るかが問題のようです。
人によっては「染まらない」と感じることもあるようなので、過度な染色力の期待はしないようにしましょう。あくまでも、「毎日しているシャンプーの中で自然と染められる」というメリットが大切です。

白髪染めシャンプーを買うなら、ドラッグストア?通販?

白髪染めシャンプーを購入しようとすると、インターネットで良く見かける物と、ドラッグストアで良く見かける物で種類が違うことに気がつくと思います。
個人的な意見ですが、白髪染めシャンプーを購入するならインターネットの通販がおすすめです。

インタ-ネット通販の商品は、品質が悪ければすぐに口コミや評判が下がってしまうので、価格は高くなりますが、高品質な商品と出会える可能性が高いでしょう。

白髪染めシャンプーを選ぶポイント

気になる白髪染めシャンプーを選ぶ際のチェックポイントをまとめました。

こちらを参考にして商品を選んでみてください。
・シャンプーか、トリートメントか、併用か
白髪染めシャンプーだけを使用するのか、白髪染めトリートメントだけを使用するのか、併用するのかによって、染まる速度が変わります。
染まりやすさは
シャンプー < トリートメント < 併用
の順になりますので、自分の白髪の量や周りの人にバレないかなども考えながら決めましょう。

・カラーを何色にするか

白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めに比べてそこまでカラーは多くありません。1つの商品につき1色~多くて5色程度です。また、ブリーチをしないという特性上、あまり明るい色にすることができません。

そのため、ここはあまり深く悩まずに「真っ黒にするのか、ブラウンにするのか」程度で考えておきましょう。

・金額

一般的なトリートメントに比べると高額です。継続的な使用も視野に入れてお財布と相談しながらあらかじめおおまかな予算を決めておくのがおすすめです。

また、購入時は「商品1本当たりいくら」で考えると、ボトルの大きさによって損得が変わってしまうため、多少面倒ですが金額÷内容量を計算し、1ml当たりの単価を計算するとよいでしょう。

白髪染めシャンプー・トリートメントおすすめランキング

様々な種類の製品がある白髪染めシャンプー・トリートメントの中で、おすすめの商品をランキング化しました。

1位:スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント

アンファーの販売している、女性用の白髪染めです。
・トリートメントなので1回目からよく染まる
・スカルプDブランドだけあり、頭皮や髪の毛に優しい
・4色のオーガニックなカラーの中から選べる

2位:利尻カラーシャンプー

CM放送などで認知度が急速に高まっている白髪染めシャンプーです。
・無添加なので髪の毛に優しい
・利尻昆布をはじめ、様々な天然由来の成分が配合され、髪をしっかり保護
・ナノ化した成分がキューティクルの隙間に浸透

3位黒耀シャンプーQS&黒耀ヘアパックQS

・草木染めと泥染めを繰り返す自然な染色
・ゆっくり時間をかけて染め上げるので深みのある黒髪になる
・シャンプーとヘアパックのセット

白髪を増やさないのも大事!白髪予防に効果的な食事

白髪の原因は、髪の毛の色素であるメラニンが不足することや、そのメラニンの工場であるメラノサイトの働きが低下することです。
これらは食事によって改善することが可能です。

白髪になってしまってから白髪染めで対応するのも大切ですが、白髪にならないように普段の食生活から予防を心がけるのも大切です。
白髪予防に効果的な食材をここではご紹介します。

・メラニンを作る働きを助ける食品

チーズ類・バナナ・アボガド・リンゴ・かつお・まぐろ・たらこ・ちりめんじゃこ・アーモンド・大豆・落花生・豆腐など

・メラノサイトの働きを活性化させる食品

昆布・ひじき・わかめ・のり・いわし・カツオ・サバ・ブリなど

白髪が多く悩んでいる人は、白髪染めシャンプー・トリートメントでケアしながらも、これらの食材を組合せて、白髪の発生を防ぎましょう。

PR

 

bthcb000a1_1_m女性 スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント(ダークブラウン)

 

PR

 

sdmhd000a1_1_m男性 スカルプD ヘアカラーコンディショナー ナチュラルブラック