体験談

おしゃれな白髪の大人に変身!白髪で決めるメンズファッションとは?


男性の白髪といえば、かつては「おじさんの野暮ったさそのもの」のように言われ、貧相でくたびれたイメージや仕事疲れの象徴と思われがちでした。でも今は、状況が少し変わってきています。白髪のままカッコよく活躍する俳優やベテランスポーツ選手たちの影響もあり、「敢えて白髪でいるカッコよさ」が注目されているのです。
カッコよく決まっている白髪スタイルは「シルバーヘア」とも呼ばれ、男性の白髪はむしろイメージの良いものにもなりつつあります。この記事では、大人男性のおしゃれな白髪と、それに似合うファッションについてご紹介します。

メンズの白髪を生かすには「短髪」がベスト!

男性の白髪をカッコよく見せるために大切な要素は、なんといっても「清潔感」です。映画やファンタジーの世界にはロングの白髪が決まっているおじさまもいますが、現実の日常を考えると、手間がかからず周囲にも好印象な短髪がベストでしょう。

短くカットした髪をワックスなどできちんとスタイリングしていれば、白髪でもだらしない印象を与えることはありませんし、年下女性などからは「人生経験がにじみ出ていそう」と慕われやすくなるかも。

あえて白髪に淡い色と光沢で統一感を与えるカラーワックスなども人気となっていますから、短髪に似合うスタイリングで「白髪なのにおしゃれ」を実現してみましょう。

大人世代の白髪+ヒゲは優しいイメージ。むしろ積極的に活用しよう

若い世代で「ヒゲ」というと、そのイメージは「ワイルド系」か「無精ヒゲ」、つまりポジティブかネガティブの二択になりがちです。しかし、大人世代のヒゲは「ヒゲのおじさま」という言い回しが象徴するように、「知的で優しそう」「おっとりして気持ちに余裕がありそう」というイメージに変わっていきます。

白髪+ヒゲのコンビネーションはまさに「大人の余裕」そのものともいえるでしょう。また、普段からメガネをかけている人は、メガネのフレームデザインをクラシカルで印象的なものに替えてみましょう。白髪+ヒゲのスタイルに合わせるには、黒縁の太いセルフレームなどが特におすすめです。

もちろん、ヘアスタイルと同様にヒゲも清潔感を損なわないことが大切。市販のヒゲ用カミソリなどを活用し、無精ヒゲに見えないよう毎朝トリミングしておきましょう。

男性が淡い色を着こなすには、白髪がぴったり

意外に盲点ですが、男性の黒髪とパステル系の色味は相性があまり良くありません。もちろん、顔立ちなどによっては似合う人もいるのですが、レモンイエローや空色、薄いピンクなどの洋服はたとえカジュアルでも着こなしに取り入れることが難しいと感じる人が多いはずです。

ところが、白髪になってこの問題を一気に解決できたという人が多くいます。髪が白くなることで、淡い色の洋服を抵抗なく着られるようになり「白髪になってよかった」という男性もいるほどです。

大人男性の白髪に対する一般的なイメージといえば、「やさしさ」「余裕」「知的」といったところです。少し上級テクニックに感じられるかもしれませんが、白髪と淡い色の服装を組み合わせることでよりソフトなイメージに見せることができます。

もし、顔立ちなどで実際よりも怖そうに見られてしまうことがお悩みであれば、白髪とパステルカラーの組み合わせで好印象を与えられるよう工夫してみましょう。また、白髪が印象的な人物というだけで、仕事などで顔をすぐ覚えてもらえる点は大きなメリットです。

白髪の男性が美容院に通うことには抵抗がある?

「今風のカッコいい短髪にしたくても、こんな白髪のおじさんが美容院でカットしてもらうなんて恥ずかしいよ」と、思っている人も少なくないかもしれませんね。しかし、大人世代の男性客は少数派である分、美容院では歓迎される傾向があります。

美容院では若い世代に限らず、あらゆる年代のトレンドヘアをつねに意識しています。提案したいスタイルはあっても、お客様が来てくれなければそのノウハウを発揮する場面がなかなか作れません。美容院では、「白髪をおしゃれに見せたい」という要望を伝えながら、じっくり相談のうえご自分のイメージに合うスタイルを提案してもらいましょう。美容院としても印象に残るお客様に映るでしょうから、次からはよりさまざまなアイデアを提供しやすくなるはずです。

全体のバランスでおしゃれが決まる。白髪もトータルでコーディネート

白髪がおしゃれに見えるか、野暮ったく見えるかの差は「全体の印象」で、ほぼ決まるといわれています。最近のシルバーヘアブームで、アパレルショップなどでも大人世代の白髪とコーディネートできる服装が提案されていますから、それらをまず取り入れてみる方法もおすすめです。

また、黒髪だと派手で押しつけがましく見られがちな茶色やベージュのスーツスタイルも、白髪なら合わせやすくなります。白髪はむしろ、ファッションの選択肢を広げてくれるものと言う服飾専門家もいるほどです。

白髪もしっかり手入れすれば、不潔にも不健康にも見えません。若い世代に憧れられる白髪男性をめざして、まずはヘアケアとスタイルチェンジから始めてみませんか?