染め方

部分白髪なら白髪染めより効果的!?「ハイライト」ってどんなもの?


少量の白髪が気になり始めて美容院に相談したときに、「今はまだ染めなくていいけれど、もう少し量が増えたらハイライトを入れたほうが良いかもしれませんね」と言われたことはありませんか?「ハイライトって何?白髪染めとは違うもの?」と、不思議に思った人もいることでしょう。
この記事では、部分的な白髪や量の少ない白髪におすすめの「ハイライト」についてご紹介します。場合によっては染めてしまうよりもずっとおしゃれに仕上がることもありますから、白髪をカッコよくカバーしたいという人はぜひご参考にしてください。

ハイライトとは、よく知られているあのテクニックの別名

お化粧で使われる「ハイライト」を想像してみてください。顔の光の当たる部分を強調して立体感を出すために、額や鼻筋などに白っぽいフェイスカラーを乗せる方法です。髪に乗せる「ハイライト」もそれと同様の原理で、髪を束のように部分的に明るくすることで、色合いに変化を持たせるテクニックです。ひと昔前は「メッシュ」という呼び方が一般的だったといえば、ピンとくる人も多いでしょう。

ただし、昔のメッシュはピンクや黄色、濃い青など奇抜な色味を部分的に入れて個性的な演出をする手法が主流でした。今のハイライトはそうではなく、明るめの茶色やグレー系など、周囲の髪と馴染んで自然なグラデーションに見せる色合いが主体となっています。

白髪染めの場合は白髪と黒髪を同時に染めることが考えられているため、赤茶系の色味に偏りがちになりますが、ハイライトは比較的自由に色の選択ができます。

視覚のトリックで、白髪を白髪に見せない

「白髪染めは暗く染まって沈んだイメージになってしまう。白髪を黒く見せるよりは、明るく染めて軽快に見せたい」というニーズも、最近は増えています。ハイライトを使うことはまさにこれらの要望にもぴったりで、白髪周りを部分的に明るく染めれば逆に白髪を目立たせない効果があります。

周りが黒髪で、その中に白髪がある状態よりは、周りが茶色やグレーで、その中に白髪がある状態のほうが白髪は見つけにくくなるはずです。髪全体の色を変えて白髪を隠すのではなく、視覚のからくりを利用して白髪をぼかす効果を狙ったテクニックが、ハイライトの大きな特長といえるでしょう。
白髪はうまく隠したいけれど、あまり暗くは染めたくない、頭全体に薬剤を塗って白髪染めをするのは、髪や頭皮の傷みが心配という人などに、部分染めで白髪をおしゃれに変えてしまうハイライトは特におすすめの方法です。

なお、ハイライトにも入れ方の種類があり、髪を不規則な束にして部分染めをする方法を「メッシュ」、ストライプのように規則的に束を取って部分染めする方法を「ウィービング」と呼んで、さらに細かく分類する場合もあります。

ただし、メッシュやウィービングなどのハイライトは美容院でも手間がかかり、カットやトリートメントと合わせてオーダーすれば時間もお金もかなりかかります。美容院でハイライトの施術を検討している人は、あらかじめ美容院に相談して自分に合う方法や金額などを確認しておくことをおすすめします。

自分でハイライトを入れるのは難しいけれど…

「ハイライトを入れて白髪をおしゃれにカバーしたい。でも、美容院に頼むと高価だし、忙しくて時間がない…」と、お悩みの人もいるでしょう。特にロングヘアの方などは、白髪が束のようになって目立ちやすくなるため、今日からでもなんとかしたい!と困っていらっしゃるかもしれませんね。

現実的に、市販のヘアカラーなどを使って自分でハイライトを入れる方法はあまりおすすめできません。もっとも、プロの美容師さんでも通常の白髪染め以上に手間と時間をかけなければきれいに仕上げられないテクニックを、自宅で簡単に再現することは難しいはずです。

ご自宅で部分的な白髪をおしゃれにカバーしたいときには、白髪だけを好みの色にうっすら染めてくれる「カラートリートメント」を使う方法がおすすめです。カラートリートメントの使い方は、毎日のシャンプーの後に髪全体になじませて5~10分置き、すすぎの水から色が出なくなるまで洗い流すだけと簡単です。ヘアケア成分やダメージ補修成分も含まれているため、その後のリンスやトリートメントは必要ありません。

髪全体になじませることが必要なカラートリートメントですが、染まるのは白髪の部分だけです。そのため、明るいブラウンなどの色味を選べば部分的な白髪だけがハイライトのように明るく染まり、白髪の分量次第では全体が明るめに見えるように仕上がる場合もあります。

もし、「白髪染めはどれも暗めにベタッと染まってしまうのがイヤ。もっと立体的で、軽快な印象に見せたい」と考えているなら、美容院の前にカラートリートメントを1度試してみてはいかがでしょうか。少ない予算で効果的に白髪をカバーしながら、ヘアケアも兼ねつつおしゃれな髪色を実現できるかもしれません。