染め方

男性用の白髪染め。女性用との違いは?おすすめの色味や方法を知りたい!


ドラッグストアやスーパーへ行くと、白髪染めの売り場は男性向けと女性向けに分けられている場合がほとんどです。実際に、各製品のパッケージを一目見るだけでも、女性向けか男性向けか分かるように工夫がされているはずです。しかし、白髪染めは男性用と女性用でどう違っているのかはご存じない人も多いはずです。
この記事では、男性向けの白髪染めについてご説明します。女性用との詳しい違いや、これからおすすめしたい新しいタイプの白髪染めなどもご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

白髪染めの薬剤って、男性用・女性用で違いはあるの?

一般的に市販されている2剤式(2つの薬剤を混ぜて使うタイプ)白髪染めは、「シエロ」「サイオス」など女性向けのブランドと、「メンズビゲン」「ルシード」など男性向けのブランドに分けられて販売されています。

しかし、これらの白髪染めの薬剤の成分・性質に違いがあるのかといえば、実はほとんど変わりはありません。両者の差別化がされている点は、染め上がりの色味や付属品(コームなど)の種類、そしてパッケージのデザイン程度です。

一般的に女性が白髪を染める場合にはブラウン系の色味の需要が高いため、女性向け白髪染めにはブラウン系のさまざまなバリエーションが用意されています。いっぽう、男性向けの場合には、グレーやブラック系の色味が中心となります。

また女性向け白髪染めは、付属のコームも長い髪になじませやすい形状のものとなっていますが、男性向け白髪染めの場合には短髪に塗りやすいコームが付けられています。

具体的な違いといえばその程度でしょうから、女性の方が男性向け白髪染めを使っても染まりなどに特に違いを感じることはないでしょうし、逆の場合も同様です。

そのほか、男性向け白髪染めと女性向け白髪染めで異なる点には、香りの有無があります。女性は白髪染め特有の匂いが苦手な人も多いため、少しでも不快感がなくなるように良い香りが付けられている製品が沢山ありますが、男性向け白髪染めには香料が使われていない場合が多くなります。

最近では、男性向け・女性向けという括りを敢えてなくし、男性でも女性でも使えるユニセックスタイプの白髪染めも出回っています。

男性におすすめの白髪染めの色味や種類は?

「男性向けの白髪染めを探していたが、好みの色味がない」「男性用白髪染めは種類が少なく、選択の幅がない」と、お悩みの人もいるでしょう。そのような場合は、敢えて男性向けにこだわらず、ご自分に合った色味や種類の白髪染めを選んでみる方法もおすすめです。

たとえば、男性向け白髪染めに多い「漆黒に近い黒色」。黒髪がカッコよくおしゃれであるという価値観から、真っ黒に染めてより個性的に見せたいという方にはおすすめですが、「髪といったら黒だろう」という安易な考えでなんとなく選んでしまうと、後悔を招くこともあります。真っ黒な白髪染めは、髪型によっては浮いて見えてしまい、地毛ではないような印象を与える場合もあるからです。

白髪を染めても、できるだけ自然な印象に見せたいという男性の方には、「ダークブラウン」や「ソフトブラック」のような、焦げ茶と黒の中間ぐらいの色味がおすすめです。特に若白髪の方など、いきなり真っ黒にするには抵抗がある場合には選択しやすい色味でしょう。

ただし、明るい茶色は洗練されて見えることもありますが、年配の男性だと年齢不相応で浮ついた印象を与えてしまうかもしれません。人それぞれ好みの色があるとはいえ、日々の生活でのTPOを考えながら白髪染めの色選びをしましょう。

そもそも白髪染めが面倒くさい!という男性には

毎日のヘアケアに慣れた女性の場合は、白髪もご自分の手で器用に染めてしまうことも多いものですが、男性となると必ずしもそうはいきません。毎朝ヘアトニックをつけて終わり!という手順で簡単にヘアケアを済ませているなどの場合は、白髪染めの作業そのものがとてつもなく面倒に感じられるかもしれませんね。

そんな「自分で白髪染めをするなんて考えたこともない」という男性の方でも、手軽に続けられる白髪染めがあることをご存じでしょうか?
最近では、育毛や地肌ケアのためにシャンプー後にリンスやトリートメントを使う男性も増えています。それらのリンスやトリートメントを、白髪染め効果をプラスした製品に替えるだけという簡単な手順で、白髪を自然に染めていく方法があるのです。

毎日のリンス代わりに使って簡単に白髪染めができる「カラートリートメント」は、2000年代ごろから急速に普及し、その手軽さから男性利用者も増えています。それに合わせ、男性に合う色味の製品も増えていますから、白髪染めを面倒に感じる男性の方こそ試してみることをおすすめします。

従来の白髪染めで感じる頭皮への刺激や、髪の傷みなども防げるトリートメント成分が主体ですから、お風呂で手軽に使えて手などに付いても石鹸で洗い流せます。5日ほど繰り返して使えば、白髪が目立ちにくくなることを実感できるでしょう。