( ! ) Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; WpSocialBookmarkingLight has a deprecated constructor in /virtual/angfa/public_html/hair-lab.net/x/wp/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/modules/services.php on line 23
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0005362264{main}( ).../index.php:0
20.0018362936require( '/virtual/angfa/public_html/hair-lab.net/x/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.0025363992require_once( '/virtual/angfa/public_html/hair-lab.net/x/wp/wp-load.php' ).../wp-blog-header.php:13
40.0031365000require_once( '/virtual/angfa/public_html/hair-lab.net/x/wp/wp-config.php' ).../wp-load.php:39
50.0044366728require_once( '/virtual/angfa/public_html/hair-lab.net/x/wp/wp-settings.php' ).../wp-config.php:93
60.37253230440include_once( '/virtual/angfa/public_html/hair-lab.net/x/wp/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/wp-social-bookmarking-light.php' ).../wp-settings.php:273
もう白髪を気にしない!白髪をおしゃれに楽しむポイント|ヘアラボ
染め方

もう白髪を気にしない!白髪をおしゃれに楽しむポイント


「生えるのは仕方ないけれど、白髪は老化の象徴に思えて…」「本当は白髪を染めるのはイヤ。でも、『無頓着な人』と思われそう…」このようにお悩みの人も多いはず。しかし、年齢を重ねること自体が当たり前で自然なことです。それによって白髪が増えることも、実は特別なことでもおかしなことでもありません。
そう考えると、たとえ白髪のままでもカッコよく、キレイになれそうに思えてきますね。この記事では、白髪があっても気にせずおしゃれを楽しむためのポイントについてご紹介します。

白髪のおしゃれ(女性編)

白髪染めを常に使っている人には、やはり女性が多いでしょう。女性にとって白髪を染めることは、毎日のお化粧やヘアスタイリングのように「身だしなみの1つ」と考えられているのではないかと思えるほどです。

でも、何歳になってもキレイなままでいる海外の女優さんやモデルさんには、白髪をまったく染めていない人も少なくありません。むしろ白髪の存在が風格を与え、人生経験豊富なシニア世代としての魅力をより増したように感じられるほどです。

近年、白髪のままでおしゃれを楽しむ女性は日本でも増え始めています。彼女たちは「白髪の方が、鮮やかな色の洋服や大ぶりなアクセサリーが映える」と、口をそろえて言います。若いころは抵抗を感じていた大きなイヤリングや真っ赤なセーター、黒や濃茶のマニキュアなども違和感なく馴染むようになったのだとか。

白髪を染めないヘアスタイルで、特におしゃれに見えるのは「ショートヘア+パーマ」、「ストレートボブ」、そして「ロングヘアのアップ」です。どれも、白髪があってもだらしない印象を与えず、身だしなみへの配慮が周囲に伝わる髪型ですね。

白髪を気にせず堂々と大胆なおしゃれに挑戦する、その姿勢にカッコよさを感じる人も多いはず。本当は白髪を染めたくないと長年悩んでいた人なら「染めないおしゃれ」にチェンジするという手も、これからは十分にあり得ます。

白髪のおしゃれ(男性編)

男性の場合は「白髪染めなんてちょっと恥ずかしい」「人目を気にして白髪を染める意味が分からない」と、白髪は気にする以前にそのまま…という人も多くいるはず。

意外に、白髪のままでもきちんと髪型を整えてスタイリングに気を遣っていれば、それほど無精者には見えません。しかし、ツヤがなくパサパサな髪質を放っておいては、やはり疲れた印象を与えてしまいます。

「白髪は染めない。でもだらしなく見せたくない」という男性の方なら、今より少しだけヘアケア・スタイリングを頑張ることでぐっと若々しい印象になります。実は、少し嬉しいことに、年下の女性にモテる男性の条件として「白髪ではないこと」という意見は、ほぼゼロに近いのだそうです。逆に、年上男性が好きな女性には「白髪が似合っている人が好み」という意見がかなり多いのです。

また、男性の白髪に対する印象を決定づけるのは、髪の毛そのものというより「全体の印象」であるともいわれます。たとえば同じ白髪でも、身だしなみに無頓着で加齢に対する諦めが感じられてしまえば「おじさんの白髪」に見えてしまいます。いっぽう、きちんと年相応に身なりを整えていれば「渋い」「ロマンスグレイ」というように、白髪もポジティブに捉えてもらえるというわけです。

白髪男性のおしゃれのポイントは、「清潔感」「年相応のきちんと感」といえるのではないでしょうか。全体の身だしなみに気を配りつつ、無理に若く見せようとしないことで、長い人生を過ごしてきたその経験値が「若手には真似できないカッコよさ」に変わるのです。

白髪染めをやめ、ヘアカラーで楽しむ

白髪染めは、白髪の部分だけでなく髪全体の色を変えてしまいます。「塗ったようにベタッと黒くなる」「軽快感が出せなくなる」という理由で、白髪染めを好きになれない人も多いはずです。

そんな場合には、白髪の部分をはっきり見せないよう、メッシュ風に好みの色で部分染めをする方法が意外に使えます。一見上級テクニックのように思えますが、奇抜な色さえ選ばなければそれほど浮くこともありません。実際に、美容院などで「ウィービング」というメニューとして一般的に用意されている方法でもあります。

白髪の部分だけ薄茶や赤茶、グレーなどに染める方法なら、日本人の元の髪色に馴染みます。また、白髪をうっすらと目立たなくさせる程度で十分という場合は、ご家庭で気軽に使えるカラートリートメントで徐々に染めていく方法もおすすめです。髪や頭皮を傷めず、お風呂場で毎日使える手軽さも嬉しいところ。

白髪は髪だけではなく、全体の印象次第でおしゃれにも、だらしなくも見えてしまいます。ヘアケアやヘアスタイルで工夫するとともに、年齢に合った身だしなみをきちんと押さえることで、「白髪なのにキレイ、カッコいい」を実現することも難しくはなくなるでしょう。