染め方

白髪染めで黒髪を茶色にすることができるの?カラーと白髪染めの違いとは


最近少し白髪が気になってきたという人は、そろそろ黒髪用のヘアカラーから白髪染めに変えた方がいいのかな?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。いつまでも黒髪用のヘアカラーを使っていると、白髪の部分がうまく染まらなかったり、自分の望んでいるカラーにならないということもあります。今回は一般的なヘアカラーと白髪用のヘアカラーの違いや、白髪染めに変えても茶色に染めることができるのかなど紹介します。

普通のヘアカラーと白髪染めのヘアカラーの違いってなに?

黒髪用のヘアカラーの目的は髪を明るく染めるのに対し、白髪染めは白髪を黒髪と同じような色に合わせるという違いがあります。そのため黒髪用は髪の色を脱色する力が強く、染める力は弱く作られています。一方白髪染めは白髪と黒髪を同じような色に染めるというのを目的としているため、脱色する力は弱く、染める力は強く作られています。そのため白髪染めは白髪にうまく色味をつけることができるのです。

黒髪用のヘアカラーと白髪染めはどうやって使い分ければいい?

今まで市販のヘアカラーで染めていた人はできるだけ同じ色に染めたいという人も多いですが、白髪が生えてもそのまま使っていいのか、または白髪用に変えた方がいいのか迷う人も多いかもしれません。毎日鏡を見ていると「最近白髪が目立ってきた」と感じたときが白髪染めに変えるタイミングです。しかし白髪があっても目立たない場所やまだあまり生えてないようであれば黒髪用のヘアカラーでも大丈夫な場合もあります。

黒髪用で明るいブラウン系にすると白髪の量にもよりますが、あまり白髪が目立たないこともあります。まだ白髪染めに抵抗がある人や、ブラウン系に染めることで白髪が目立たなくなる人は、今までよりも少し明るめのブラウン系にチャレンジしてみてもいいかもしれません。まだ白髪が少ない人はいろいろな方法を試してみましょう。

自分でなかなか見れない後頭部などは他の人に見てもらったり、美容院に行ったときに美容師にどれくらい目立っているか確認してもらうのが良いでしょう。

初めて白髪染めをする人、または白髪染めを使ったことがある人も茶色に染まる?

白髪が増えても今までと同じ茶色の髪にしたいという人もとても多いようです。友達が「白髪染めをしたけれど、思ったより茶色にならなかった」なんて話を聞くと不安になりますね。

実は白髪染めであっても、個人差はありますが茶色にすることはできます。ただし白髪染めで一度暗い色に染めてしまっていると、茶色にすることは難しくなります。先ほど紹介した通り、白髪染めは染める力は強いので、一度染まるとなかなか色が落ちてしまうことはありません。どうしても茶色にするのであれば、新しく髪が生えてきた部分を染めていくか、もしくは美容院で色を落としてから染めるということもできるようです。

今まで髪が茶色だった人は白髪染めで黒くすることはできる?

逆に髪を茶色に染めていた人は年齢的にそろそろ落ち着いた色にしたいと思うことがあるでしょう。しかし、一般的なヘアカラーで長い間脱色を繰り返した髪はダメージを受けやすく、白髪染めをしてもうまく染まらない、または元の色に戻ってしまうということもあるようです。こういった場合、市販の白髪染めよりもやはり美容院で染めてもらった方がよいでしょう。また、黒髪用のヘアカラーには髪色戻しというものがあります。これは脱色する力が弱く、染める力が高いので黒髪も白髪も暗い色に染まります。

ヘナは白髪染めでどれくらい茶色になる?

天然素材で作られたヘナは髪や地肌に優しいと評判のある白髪染めです。髪のダメージが少ないヘナですが、ヘナは植物の染料を使っているので意図的に髪を茶色にするのは難しいようです。一般的な白髪染めヘアカラーは髪を一度脱色してから染めていますが、そのような成分は含まれていません。ただし、ヘナは元の髪色によって色の染まり具合が変わってくることがあります。白髪の量が多い場合は明るくなり、少ないと暗くなるのが特徴です。ヘナでもカラーによって個人差はありますが、少し茶色くなることもあるので、どうしてもヘナを使ってみたいという人は試してみてもいいかもしれませんね。

白髪染めで黒髪を茶色にしたい人におすすめしたい商品

グリーンノート ヘナ

天然成分100%で自然な色に白髪を染めることができます。髪や頭皮に優しいので髪のダメージが気になる人におすすめできる商品です。一般的なヘアカラーと違い化学染料を使っていないので安心して使うことができます。使い方は簡単。お湯に粉を溶いて塗るだけなので、今までヘナの使い方がよくわからなかったといった人にもおすすめです。

アンファー スカルプDヘアカラートリートメント

髪や頭皮にやさしいジアミン・酸化染料フリーのヘアカラートリートメントです。髪のダメージが気になる人にしっかり染まるヘアカラー剤で話題のアルガンオイルや浸透型コラーゲンで髪を補修しながらきれいに染めることができる商品です。
口コミでは、香りもよくハリやコシを感じられたなど評判もよさそうです。

サイオスヘアカラークリーム白髪染め

サロン帰りのような仕上がりにこだわったプロフェッショナル処方の白髪染めで、色は全部で13色あります。白髪にもしっかりと色が染まるように改善されました。色持ちにもこだわっているので今まであまりうまく染められなかったという人にもおすすめしたい商品です。